スポーツ整形外科・一般整形外科・リハビリテーション科

コラム

腰痛症とリハビリ

2019/07/1

今回のテーマは『腰痛症』ですが、
その中でも筋肉の硬さが原因で起こる
筋筋膜性腰痛症についての記事です。

筋筋膜性腰痛症とは?
腰痛を主訴とする疾患の一つで、主に背中の
筋肉が硬くなって出現する腰痛です。
一般的には姿勢不良や筋肉(背筋)の使い過ぎ
が原因と言われています。

 

shutterstock_1233946933

 

症状・特徴
・お辞儀の痛み
・背中のハリ感
・姿勢不良
・からだの硬さ(主に股関節)  など

 

治療
初期症状はマッサージやストレッチなど
筋肉を緩める治療が有効です。

筋肉を緩めても背中のハリ感が戻る方
慢性化してしまった方の場合、
筋肉が硬くなってしまう原因(姿勢不良・歩き方)
を改善する必要があります。
リハビリではそのための評価と治療を行います。

次回の腰痛②では
正しい姿勢の作り方と体を整える体操についてです。

 

PAGE TOP