スポーツ整形外科・一般整形外科・リハビリテーション科

一般整形外科

骨、関節、靭帯、腱、神経、筋肉などの運動器に関わる疾患や外傷を診察します。
おもに、骨折、脱臼、靭帯損傷などの急性期の外傷や椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛、腰痛、肩こり、五十肩(肩板損傷、肩関節周囲炎、石灰沈着性肩板炎)、関節痛(変形性関節症・滑液包炎等)、手の痛み(ばね指・腱鞘炎・ガングリオン等)、足の痛み(外反母趾・偏平足等)などの慢性的な疾患、他にも加齢とともに増加する骨粗鬆症などの治療も手がけています。
必要に応じて、レントゲンやエコー、採血・尿の検査、骨密度検査、投薬、リハビリテーションをおこなっていきます。

PAGE TOP

スポーツ整形外科

スポーツの分野における怪我の専門的な治療をおこないます。
おもに、競技中に起こった骨折、脱臼、靭帯損傷、肉離れなどのスポーツ外傷やスポーツによる慢性的な痛みなど、アスリートから学生選手、愛好家、健康志向の強い方まで、スポーツに関わる方を幅広く治療しています。
大きな怪我をしていなくても、スポーツ活動中に起こる痛みや不調があれば、その部分にストレスがかかっている可能性があります。そのまま放置しているとその部分はますます悪化し、他の部位までも障害を引き起こすことになります。大切なのは早期の正確な診断と治療です。そして、痛みや不調の原因を見つけることです。
一般的な整形外科の治療に加えて、各競技の特性や運動強度、パフォーマンスレベルを把握したうえで、早期の復帰を目指し、スポーツリハビリテーション、理学療法、運動療法、必要に応じて手術もおこなっていきます。

PAGE TOP