スポーツ整形外科・一般整形外科・リハビリテーション科

新着情報

【コラム】足関節捻挫について

2019/09/1

今回のテーマは【足関節の捻挫】です。

その中でも特に多いとされている内反捻挫(内側に捻って痛める)についてと捻挫した時の対処法についての記事です。

 

内反捻挫はスポーツ動作に限らず日常生活でも頻繁にみられる外傷です。

足首を内側に捻った際に、足首の外側の靭帯が引っ張られることで損傷します。

 

捻挫は靭帯の損傷といわれています。

特に損傷されやすいとされている前距腓靭帯は外のくるぶしの前部分の関節を支えています。

「損傷レベルは1~3度に分けられており、

1度は靭帯の断裂が生じず明らかな腫れや皮下出血がみられないもの

2度は靭帯の部分断裂が生じ、軽い腫れや皮下出血を伴うもの

3度は靭帯が完全に断裂し高度な腫れと皮下出血を伴うもの

とされています。」

靭帯の損傷具合によって固定の強さや期間が変わってきます。重症な場合は体重をかけないように制限する場合もあります。

img 捻挫

 

スポーツや日常生活で捻挫してしまった時の対処法ですが、

「RICE」処置が推奨されています。

Rest安静

Icing冷却

Compression圧迫

Elevation挙上

これらの頭文字をとったもので、炎症や出血を抑えるための応急処置です。

 

一度捻挫をすると、繰り返し捻挫をしやすいことが経験上あるかと思います。

それは靭帯のみでなく、もともとの足首の硬さまたは、一度捻ったことによる足首の不安定性が関係するとされています。

 

次回は足関節捻挫に対しての簡単な運動をご紹介します。

9月外来担当医師

2019/08/28

9月外来担当医師のお知らせ

水曜日

9/4→福田医師

9/11→眞田医師

9/18→福田医師

9/25→眞田医師

 

土曜日

9/7→野呂瀬医師

9/14→田中医師

9/21→田中医師

9/28→野呂瀬医師

 

となっております。

ご不明な点がございましたら当院へお問い合わせください。

腰痛② 筋筋膜性腰痛とリハビリについて

2019/08/1

前回記事の続き
筋筋膜性腰痛症のリハビリについてです。

このタイプの腰痛症を改善するポイントは
背中の筋肉(背筋)を使いすぎている状態を
改善することです。

そのため、
良い姿勢の獲得と動作の非効率の改善の
ための体操をご紹介します。

1. 姿勢作り
良い姿勢=背中を真っ直ぐにすること
と思われがちですが、
背中は3つのカーブをもっているため
実際は適度に背中が丸くてもOKです。
骨盤を立てた状態で
おへそと胸骨を揃えた姿勢が理想的な姿勢です。
(ポイント:背中や肩の力を抜いて姿勢をキープする)

2.体操

IMG_0664
① お尻のストレッチ
写真のように座ります。
背中が丸くならないように前傾姿勢で20秒キープ
(目安:20秒×3セット)

② 上半身のストレッチ

IMG_0679   IMG_0680

写真のように横向きで寝ます。
ため息を吐きながら後ろを振り返ります。
そのまま深呼吸を1回行い元に戻ります。
(目安10回×3セット)

筋筋膜性腰痛症の方は
同じ姿勢や同じ作業を繰り返す方に多いため、
時々その場を離れて体を伸ばしたり、捻ったり
することを心がけるようにしましょう。

 

8月26日(月)~8月30日(金)代診のお知らせ

2019/07/30

8月26日(月)~30日(金)は代診医師での診療となります。

尚、28日(水)は通常通り午前:林医師、午後:眞田医師にて診療致します。

ご理解のほど宜しくお願い致します。

8月水曜日外来担当医師

2019/07/23

8月水曜日外来担当医師のお知らせ

8/7 → 眞田医師

8/14→ 岩噌医師

8/21→ 福田医師

8/28→ 眞田医師

 

となっています。

ご不明な点がありましたら当院へお問い合わせください。

PAGE TOP